読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今ここにあるエイジング

30代美容マニアがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も気が向いたので美肌を作る方法の要点をまとめてみました。

セラミドは皮膚表面の角質層を維持するためにとても重要な要素なので、老化が目立つ肌やアトピー性皮膚炎で乾燥しがちな肌にはセラミドの継続的な補給は欠かすことのできないことです。

元来ヒアルロン酸は人の体の中の至る組織に分布している、ヌルっとした粘り気を持つ液体を指し示しており、生化学的に表現すればムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質の一種であると言えます。

乳児の肌が水分たっぷりで弾力のある張りがあるのはヒアルロン酸を大量に含んでいるからなのです。保水作用がかなり高い成分のヒアルロン酸は、皮膚の瑞々しさを守る化粧水のような基礎化粧品に入れられています。

セラミドについては人間の皮膚の表面で外からのストレスを止めるバリアの働きを担当し、角質のバリア機能と呼ばれる働きを実施している皮膚の角質部分の大変重要な成分のことを指します。

セラミドは皮膚の表層にある角質層の重要な機能を守るために主要となる要素であることがわかっているため、加齢とともに衰えた肌やアトピーでダメージを負った肌にはセラミドの継続的な補給は欠かしてはいけない手入れの1つとなっています。

1gにつき6リッターの水分を保てるという特徴を持つヒアルロン酸は、皮膚ばかりでなく様々な部分に広く存在していて、皮膚の中では真皮の部位に多く含まれているとの特質を持つのです。

セラミドは肌を潤すといった保湿の効果の向上や、皮膚から必要以上に水分が蒸発してしまうのを阻止したり、周りから入る刺激あるいは細菌や黴菌の侵入を阻止したりするなどの働きを担っているのです。

最近注目されているプラセンタが基礎化粧品や健康食品に添加されている事実はずいぶん知られた事実で、新しい細胞を作って、新陳代謝の活性化を行う作用のお蔭で、美容および健康に多彩な効果を発現させます。

そもそもヒアルロン酸とは全身の至るところに広範に存在する、ネバネバと粘り気のある高い粘性のある液体を言い、生化学的に言えばムコ多糖類というゲル状多糖類の一種と解説できます。

効果的と言われる高機能成分セラミドは、表皮細胞の新陳代謝の過程で生み出される“細胞間脂質”のことで、約3%の水を取り込み、細胞同士をまるでセメントのようにつなぎとめる大切な働きを担っているのです。