読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今ここにあるエイジング

30代美容マニアがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日もくだらないですが、弾力のある素肌を保つケアの要点をまとめてみました。

若さのある健康的な皮膚には豊富なセラミドが保有されており、肌も水分をたっぷり含んでしっとりなめらかです。けれども残念ながら、加齢と共に肌のセラミド量は徐々に減退してきます。

注意しなければならないのは「汗がうっすらとにじみ出た状態で、無頓着に化粧水を顔につけない」ということです。汚れを含んだ汗と化粧水がブレンドされると知らないうちに肌に影響を与えかねないのです。

定評のある美容液というのは、美容に効果的な成分の濃度をできるだけ高めて、高い割合で添加しているエッセンスで、誰にとっても何としても欠かせないものというわけではありませんが、つけてみるとあくる日の肌のハリ感や保湿感の差に衝撃を受けるはずです。

美容液を使わなかったとしても、瑞々しい美肌を維持できるなら、それでOKと想定されますが、「なにか足りない気がする」と考えることがあれば、今からでも積極的に取り入れてみてはどうでしょうか。

セラミドとは、肌のターンオーバーとともに合成される“細胞間脂質”を指し、およそ3%ほどの水分を抱え、角質層の細胞をまるで接着剤のようにつなぎ合わせる大切な機能を持っているのです。

優れた保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンによって形成されたネット構造の間を埋めるような状態で広い範囲にわたり存在して、水分を抱える効果により、みずみずしく潤ったふっくらとハリのある肌へと導いてくれるのです。

最近ブームのプラセンタは英語で哺乳動物が妊娠した際に作られる胎盤を示します。基礎化粧品や健康食品・サプリメントで近頃ひんぱんに今話題のプラセンタ配合目に入ることがありますが、これ自体臓器としての胎盤のことをいうのではありませんので不安に思う必要はありません。

ヒアルロン酸の水分を保持する力の関連でも、セラミドが角質層において実用的に肌の保護バリア能力を発揮すれば、皮膚の水分保持能力が高められ、ますます潤いのある瑞々しい肌をキープすることができるのです。

注目されている美容液というのは、美容に効果のある成分をギュッと濃縮して、高い濃度で入れた抽出物で、間違いなくなくては困るものというわけではありませんが、使用してみると次の日の肌のハリ感や瑞々しさの歴然とした差に衝撃を受けることでしょう。

顔に化粧水を使用する時に「手でつける」というタイプと「コットンの方がいい」派に好みで分かれるようですが、基本はメーカー側がもっとも好ましいと推奨するつけ方で用いることを奨励しておきます。